【ブログ】私の愛した熟女

あなたの健全でめくるめくセックスライフのための情報サイトです

セフレという言葉の甘酸っぱい響き

「セフレ」って言葉の響きとして、お互いの私生活には強くは立ち入らず、男女のSEXという接点以外は強制性を持たない関係というイメージがあります。ですから、不定期なまぐあい、或いは肉体からの欲求が溜まってくれば連絡を取り合って逢うというものです。

個人的な深く突っ込んだ話題などはあまりなく、目的であるSEXに直結したような話題を中心にその場の雰囲気が流れていくというものです。そして、ことが一通り終われば、お互いに対しての固執や詮索はあまりなく、スッキリしたような顔で、「またね!」と右左に別れて行くという、まあ、そんな感じでしょうか。

未婚の男女の間にも、また婚外の関係としてこれが存在したりもする場合があります。中には、旦那の要望で嫁がセフレを調達するという場合など、変わった関係もあるようです。人間関係の在り方にも、今日いろいろな亜流が存在するようになりました。

もともと、泥臭くドロドロしたものを引きずってはいないので、そういう意味ではあと腐れのないさっぱりとしていて心地のいい関係なのかも知れません。「SEX=結婚」、「SEX=恋愛」という固定概念が強い人には不向きな人間関係の在り方でしょうか。もちろん、どちらが正しくて、どちらが間違いなどという論議はナンセンスなことです。

ネットで拾ったこんな「セフレ」に関する記事が目に留まりました。

>>>>>>>>>>>>

私の妻は40代半ばです。
夫婦生活をより一層楽しむため、最近、妻にセフレを作ってもらいました。そのセフレというのは30代半ばの独身のイケメン男で、妻の仕事先に出入りする清涼飲料水の納入業者のようです。

その男性は、妻が私の意向を受けている事を今でも知りません。ですから、セックスレスの人妻が欲求不満を解消するため、浮気してると思っています。男性は妻で性欲を解消するため、フェティッシュなプレイをしているようです。

セフレと会う際、妻には小型ビデオを持たせています。もちろん後で私がそれを見てセフレとどんなセックスをしてきたかを確認するためです。ある時はセフレが持ってきた、赤いエナメルのオープンバストテディを着用させられてセフレの性欲解消のために肉体奉仕を長時間にわたってしてきました。

妻は避妊リングを入れていますが、もちろんセフレには内緒です。
「もう妊娠しにくい年だから」「生の方が気持ちがいい」と毎回セフレのチンポを生で入れられ中出しされて帰って来ます。

私は、妻が持ち帰ったビデオの映像を見ながら、激しい嫉妬に見舞われ、ギンギンになってはち切れそうなペニスが我慢できずに妻に襲いかかるのです。その時の快感たるや得も言われぬ愉悦の刹那です。もはや、癖になったこの楽しみは止められません。

>>>>>>>>>>>

これは、いわゆる夫の寝取られ願望と、妻のセフレ関係が合体した場合のケースのようですね。夫と妻、そしてセフレの男性の三者ともにwin winの関係というものですね。


特集記事一覧