【ブログ】私の愛した熟女

あなたの健全でめくるめくセックスライフのための情報サイトです

妊婦との情事を楽しむ

どん腹抱えた妊婦女性を見ると、この暑い中、大きなおなかを抱えて大変だろうなと思う。新しい命を自分の身体で育んでいるのだと思うと、どこか神聖な感じもしてくる。

男としてどこか遠慮してしまうし、電車やバスで乗り合わせたなら、どうぞどうぞと席を譲ることくらいはしてあげたくなるものだ。

おそらく妊婦の夫も、彼女をいたわりるために性欲を我慢しているか、妻の体形の大きな変化に引いてしまい、性欲も減退してしまったかのどちらかだろう。

それが、他人妻の妊婦をSEXの対象としてスケこまし、ヤッてしまうというのは悪趣味だろうか? 実は妊婦さん自身、胎児が安定期に入って落ち着くころには、ぐっと性欲が増すのだという話がある。

個人差もあるだろうが、まんざら少ない例でもないらしい。漫画家の石坂啓女史も、自らの著書でそのことを告白している。

妊娠後期になると、私はセックスしたくてたまらなくなった。
本当にあんなに「したかった」時期は過去にない。常に性器が充血していて、ムズムズする感じ。いつでもOK、突っ込むのも引っ張るのも好きにしてくださいって感じ。

直接的で具体的な欲求だった。妊婦をナンパしてくれる人がいないのが残念、デブ専もフケ専もいろんな好みがあるというのに、ニンプ専があってもいいじゃないか。

私はムラムラとポルノ小説を読みふけり、オナニーにあけくれた。

彼女はそう書き記している。そして、のちに聞いたところでは自分だけが例外ではなかったとも書いているのである。

そうだとすると、我々の妊婦を見る目も変わってくるかもしれない。善良そうにどん腹抱えてはいるけど、アソコはぐっしょりと濡れそぼって、して欲しいんじゃないのか? と思ったりするかも??

行きずりの男と生でやったとしても、妊娠の心配はないから手軽?
感染症の恐れさえない安全な男であれば、だれだってOK?

そっと耳元でそう囁いてやりたい。「奥さん!‥…」ってね。

童顔でボーイッシュな風貌の女性でも、日頃は考えられないことなのに、妊娠で大きなお腹の時に初めてナンパされたという女性の話も聞いたことがある。

やはり、ニンプは「やりたいフェロモン」を男に向かって放出しているのだろう。元々、妊娠のご褒美は悦楽なのだから、さもありなんというところか。

特集記事一覧