【ブログ】私の愛した熟女

あなたの健全でめくるめくセックスライフのための情報サイトです

アサ★というおんな

熟女のいいカラダ

このアサミという女の、ショーツの前部分がスケていて黒い恥毛がハッキリ見えているところが何ともイヤらしくて局部が立ちそうだ。イイ女だ。この女、女の恥じらいよりも男の反応を計算できる天性の大胆さというものがあった。そして、腹の中心には縦に帝王切開の傷跡がある。言わずもがなだが、まさに熟女である。

この女性! 自分を魅力的に演出することには特に長けていた。そうやって男を奮い立たせることに意欲を燃やす女なのだ。快感への反応の仕方は申し分のない過敏さがあり、時にすさまじく獣のようにベットの上をのた打ち回った。それは圧巻である。

しかし、一つだけ不満が残った。それは、フェラの長続きがしないことだ。だから、私は彼女の口の中で爆発できたことがない。それがやり残したことだった。
彼女は、生理のやってくる数日前には、とてもイライラして男を攻撃する危険な女になることがあった。その時には、辟易するほどの感情的な責めに会い怯えさせられた。

この女の後ろ姿は何とも言えず艶めかしいのだ。色んなSEXを試すことのできるイイ女だったということには間違いない。
不思議なことがある。この女の初体験はレイプされたことだったというから、どうも大胆なSEXを好むその奔放さと過去体験が私の頭の中でもう一つ結びつかないという点だ。夜の公園で突然暴漢のような男に襲われてレイプされたのだという。若いころのことらしい。でも、彼女の内面にその痕跡のようなものは見つけられなかった。女というもののスゴさ、怖さなのだろうか? 

女性の本性にお詳しい諸兄の皆さまに御講義を拝聴させていただきたいものであります。

野宮凛子 千野麗華 矢吹涼子