【ブログ】私の愛した熟女

あなたの健全でめくるめくセックスライフのための情報サイトです

熟女ヌードの醍醐味

女は自由に生きる

女は基本的に自由な生き物。特にその口は自由すぎて、そこにはなかなか戸は立てられない。俗に「人の口に戸は立てられない」といいますが、まったくその通りです。そして、身体も行動も自由に振る舞うことで人生を楽しむものが女性であります。そんな自由な身体を見てもらいましょう。

後ろ姿には、撮影だけでなくいろいろと楽しませてもらった
ショーツに包まれた、或いはショーツからはみ出した尻の臀部が愛おしい。究極のはみ出しスタイル、Tバックは着衣の中の秘密めいた約束としても機能する。

熟女の裸は何といってもそのしっとりさが加減いいのです。脂の乗ったそのしっとり感は何とも言えません。それは抱き心地の良さに通じるところですから重要です。

半分見えている尻の割れ目が何とも言えない

後ろ姿はいい。背中もいい。そして何よりその尻がいい。ヒップには魅惑の割れ目があり、アナルとバギナの二つの核心部分が隠れている。男は自分のペニスを使ってその部分の感触を楽しみ、女は逆に男のペニスの感触を楽しむ。それもあられもないはしたない姿で。

コンプレックスの胸が見せられないこの女

モデル気分でポーズをとるこの女
女は男を迷わし、惑わす魔物である。だから多くの男が風俗へ流れる。お金の切れ目が縁の切れ目、味気ないものだが、あと腐れもない。その時限りの関係?とも言えないくらいの軽い接触だけで満足できるのなら、それもよい。しかし、逢引きの醍醐味や男と女の物語的なものを求めるならば、風俗の営業関係とは手を切らねばならない。それは両立しないからである。

私は、できれば後者を推奨したいものです。